2009年07月20日

コピーライティングの教科書

物を売ろうと考えたら、リアルにしても、ネットにしても、
その商品を紹介する上で、コピーライティングが重要に
なってきます。

コピーがうまいか下手かで、売り上げに大きな違いが出てくると
思われます。

コピーライティングに関しては、ジョン・ケープルズという方の
本が古典として有名なようです。

ザ・コピーライティング―心の琴線にふれる言葉の法則
By ジョン・ケープルズ

googleで、検索して、紹介されているブログも沢山ありました。
そのうちから。

ジョン・ケープルズ「ザ・コピーライティング」でキャッシュを生み出す原則を学ぼう

tabi0186 ジョン・ケープルズ「ザ・コピーライティング」
心を動かすレターは「Benefit」を書いている。


セールスコピーでまざまざと情景をイメージさせる ジョン・ケープルズ

ザ・コピーライティング―心の琴線にふれる言葉の法則 ジョン・ケープルズ (著)


評判が良い本です。

現実の店舗で物を売る時にも、当然、必要なことですが、
ネット上で、商いを考えている方(アフィリも含む)は、
押さえておいた方が良い本ではないかと思います。

原書は、これです。

Tested Advertising Methods (Prentice Hall Business Classics)
By John Caples, Fred E. Hahn


その他の著書です。

How to Make Your Advertising Make Money
By John Caples


 
posted by annei at 09:32| コピーライティング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
あしながおじさん の 靴
オシャレウオーカー


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。